on from home

http://on-fromhome.jugem.jp/



http://www.wsf.itsudemo.net/on-fromhome/
青い鳥は近くにいる

もう、5年以上前になるでしょうか、

悩みを抱え、塞ぎがちになってしまい

外出しない日が続いた。

 

脱したい思いで、答えを探しつつ、

たくさんの心療内科に通う日々。

 

有名な心療内科らしく、

外で何時間も並び、

自分の事柄について

カウンセラーに1時間ほど話し、

医師の診察。

 

医師の診察で告げられたのは、

わたしには持病があるので

ここでの薬の処方は出来ない

と、言うことのみ。

 

なんとなく、むなしくなってしまい、

次週の診察予約を断り、

そのお金で、

ブルーベリーの苗と、

ユーカリの苗を買って帰った。

 

ブルーベリーは、次々と実をつけ、

夏の間、楽しませてくれた。

 

この話を友人に話したところ、

 

「え?あたしは?」

 

なぜ?病院じゃなく、

自分のところへ来なかったの?!

と、聞かれ、

大人げもなくわんわん泣いたのを

思い出した。

 

その時から、互いに友人でありながら、

時にはきついことも言い合う

間柄に変わっていった。

 

それからと言うもの、

心療内科にかかり続けた日は、

昔のこととなりました。

 

IMG_7993.JPG

 

『あこがれのお店』

いまから 10:45 comments(0)
消えた?!体裁を繕う細胞

少し前に「蓼科に行こうよ」と、

誘われていた。

 

行ったことのない場所だし、

行けば、これからの自分への

後押しになることも解っている。

 

けれど、昨年行った軽井沢とは違い、

すこし費用も掛かる。

 

んーー。

返事を先送りにしていた。

 

すると昨日、再び蓼科へのお誘い。

 

思い切って、

「先立つもの(費用)がないのよ、

 自分の稼いだお金で行きたいのよ。」

と、言ってみた。

 

すると、友人は

「じゃ、次回、お金貯めて一緒に行こう!」

と言ってくれた。

 

ふぅ、と力が抜けて、

嬉しさが湧き上がってきた。

 

あぁ、この人と知り合えて良かった、と。

 

ほんとは、お金の話なんて恥ずかしい。

本音を回避してきたわたしにとっては、

ハードルをいくつも超えなければ

言えない話だった。

 

この一連のことを夫に話すと、

「おまえさん、ずいぶん素直になったね。」

と言われたので、

「えぇ、年を取って、体裁を繕う細胞が

 無くなってしまったようです。」

と、答えました^^

 

IMG_8001.JPG

 

『最近見た、素敵なキッチン』

いまから 09:52 comments(0)
旬八っあん

本日、わたしは営業マンです。

 

新鮮でお手頃な野菜を求めて

日々、八百屋さんを探す友人とわたし。

 

この度、友人が見つけ出してくれたのです!

 

早速、ふたりで八百屋さんに向かいました。

 

こんなビル街に八百屋さん?

と、内心、不安に思いながら、

ビルの半地下をのぞくと…

あ!!あった!

八百屋さん!!

 

『旬八』

IMG_8009.JPG

 

珍しい野菜から、新鮮な定番野菜まで、

豊富にそろっています。

 

カラフルなトマトや、ベビーリーフなど

お洒落なサラダが出来上がりそうです。

 

店頭には、色んな種類のじゃがいも詰め放題。

買い物も楽しい!

 

IMG_8011.JPG

 

これだけ買って、810円。

アボカド、サニーレタス以外は、100円でした。

なんと、レタスは2個、100円。

 

なかなか半地下で見つけにくいかも知れませんが、

ぜひ!

美味しいものがたくさんありますよ。

 

SNSの許可も得て、宣伝しております。

一度、のぞいてみてくださいね^^

 

『旬八』

http://agrigate.co.jp/20171204open/

いまから 10:13 comments(0)
終わっちゃいましたね〜

この春、

長女は、新入社員、

次女は、大学二年生、

三女も中学校に入学し、

それぞれの新しい生活が始まりました。

 

慌ただしい新学期前、

春休みはの〜んびりしていた三女。

 

IMG_7911.JPG

 

カレー作りに挑戦しました。

どうせやるなら、本格的にGABANの20種スパイスで。

 

IMG_7917.JPG

 

顔半分をティッシュペーパーで隠して。

スパイスの刺激は相当らしいです^^

 

IMG_7924.JPG

 

じっくり…

半日かけて出来上がりました!

 

夕食に出されたカレー。

夜、会合に出かけていたわたしは、

このカレーを楽しみに帰宅しました。

 

炊飯器のご飯も、お鍋のカレーも

きれーいに食べつくされていました。

 

なんとも、嬉しい悲鳴です(T T)

いまから 09:04 comments(0)
楽しんで来いよ〜

「見切り線をつけなさい。」

という話を聞いた。

 

若い頃と比べると

数えればキリがないからだの変化。

 

そのすべてをどうにかしたいと

思っていたわたしにとっては、

ぐさっと刺さった言葉。

 

「若い頃と今とでは、

 違いが出てくるでしょう。

 そのすべてを完璧にしようなんて、

 無理な話です。

 

 その中で自分がどうしても

 譲れないと思うところが

 あるでしょう。

 それに集中して目を向けて、

 後のことは、目をつむりなさい。

  

 どこかで見切り線をつけなければ。」

 

からだのことだけではない。

娘たちの育て方についてもそうだ。

 

肝心なところをおさえて、

あとは、目をつむることも必要だ、

ということにも気づいた。

 

春になれば、

長女は、社会人。

次女は、大学2年生。

三女は、中学生。

 

それぞれ、新しい世界に進む。

その前にこの話が聞けて良かった。

 

「楽しんで来いよ〜。」だけでいいんだ。

 

IMG_4943.JPG

 

『はなむけのはな』

いまから 08:42 comments(0)
あたしがいる、だけじゃだめですか?

「何か詮索されたり、いろいろ聞かれ

そうだから…」と言う理由で、

姉がしたいことを我慢していた。

 

人にどう思われるか?が気になる。

 

そう思うことは、わたしも沢山ありました。

言われてない言葉が

聞こえてしまう。

 

「ひとは、自分が思うほど

 ひとのことを気にしちゃいないよ。」

 

など、わたしは、

姉がしたいことをするために

たくさんの言葉を使って説得をした。

 

どうも腑に落ちない、姉。

 

ええぃ!

これでどうだ!!

 

「誰に嫌われたって大丈夫だ。

 あたしがいる。」

 

IMG_6367.JPG

 

『夫婦岩 どっちが妻?』

いまから 10:05 comments(0)
あったけぇの 淹れます

先週末、夫に誘われ三女とともに

「煎茶の会」に行ってきました。

 

日本茶の基礎知識と、淹れかたを

教わるのですが、奥が深い。

 

茶葉の種類によって味わいが違うのは

もちろんのこと、

淹れ方によってこんなにも

違うものなのか!

と、驚きました。

 

かわいい小ぶりの急須に

「えっ!こんなに?!」

と、言うほどの茶葉を入れます。

その量、大さじ山盛り2杯。

 

約10グラムですから

100g1500円のお茶だとすると、

1急須、150円。

 

ただ、この1急須から

だんだん味わいは軽くなりますが、

5煎いれることが出来ます。

湯飲み茶碗にすると、約10杯。

 

「お茶は高いなぁ。」と

思っていましたが、

茶葉をたっぷり使って、しっかり淹れたら、

こんなにもお得で、豊かになれるものは

ないのではないか?

と思いました。

 

お茶はあったかいですよ。

ぜひ、我が家にお越しの際は、

お茶を飲んでいってくださいまし。

 

あったけぇのを淹れますよ。

 

IMG_7202.JPG

 

IMG_7204.JPG

 

『山吹色が特徴です』

いまから 09:20 comments(0)
眠たくない朝が来た

「あなた、顔色悪いわよ。」

このひと言で、

全て見抜かれた気がした。

 

出かけるのも苦じゃないし、

身体も動けているし、

多少のストレスはあっても大丈夫、って

思っていた。

ついでに顔色もいいじゃん!とも。

 

この一言をきっかけに

私の中で気づかないようにしていたもの

が目を覚ました。

 

なぜ、足がつるの?

なぜ、夜中起きてどきどきしてるの?

どうして、本当の気持ちが言えないの?

 

生活を振り返ると、

睡眠不足、夕食後のおやつ、

気にしすぎ…。

 

あげればキリがないほど

生活の見直しが必要だった。

そもそも

「わかっちゃいるけど、やめられない。」

だった。

 

「あなた、顔色悪いわよ」の後に

女性が続けてくれた言葉。

 

「生活見直して、今度逢う時は

 ピッカピカなあなたに逢えることを

 楽しみにしている。」

 

この言葉を胸に

昨日、わたしは21時半に眠った。

今朝の爽快感といったら!

眠たくない朝に驚いた!

 

IMG_6455.JPG

 

『最近、抱きついた人』

いまから 08:46 comments(0)
本当の想い その2

本当の想いの大切さを

教えてもらってから、

些細なひと言も気を付けている。

 

三女と出かける時。

以前は、

「早くしようよ!置いて行っちゃうよ!!」

想ってもいないことを言って

急かしたりしたのだが、

 

「(三女)とお出かけ出来るのが

 うれしいよ!

 そのためにさっと用意しようよ」

に変わった。

 

ちょっとしたことなのだが、

長女、次女からは、

「昔のママは厳しかった。」と

過去形で言われるようになった。

 

本当に想っていることを

口にするようになっただけで、

少し余裕ができた気がする。

 

年齢によるものも

大きいかもしれないけれど^^

 

ありがたい忠告をしてくれた

先輩ママに感謝です。
 

 

『ある日の満月』

いまから 15:58 comments(0)
本当の想い

長女が高校生の時、

帰り道のことで、わたしともめていた。

 

2通りの帰り道があった。

 

一方は、近道。

暗く人通りが少ない道。

 

もう一方は、少し遠いけれど

明るくて人通りが多い道。

 

わたしが何度「明るい道で」と言っても、

近道で帰宅する長女。

 

「もうっ!少し怖い目に遭えばいいのよ!」

 

わたしのその愚痴を聞いた先輩ママから

ピシャリ!

 

「それは、だめよ。

 怖い目に合ったら、大変よ。

 思ってもいないことは、

 言っちゃだめ。」

 

わたしは、ハッとして、

長女に本当の想いだけを

伝えることにした。

 

「怖い目に遭ってほしくないから

 遠くても明るい道を通って。」

 

それからは、明るい道を

選んでくれた長女。

 

本当の想いを伝えて良かった^^

 

 

『ピンクも可愛い』

いまから 08:44 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS