on from home

http://on-fromhome.jugem.jp/


on from home
http://www.wsf.itsudemo.net/on-fromhome/

本当の想い

長女が高校生の時、

帰り道のことで、わたしともめていた。

 

2通りの帰り道があった。

 

一方は、近道。

暗く人通りが少ない道。

 

もう一方は、少し遠いけれど

明るくて人通りが多い道。

 

わたしが何度「明るい道で」と言っても、

近道で帰宅する長女。

 

「もうっ!少し怖い目に遭えばいいのよ!」

 

わたしのその愚痴を聞いた先輩ママから

ピシャリ!

 

「それは、だめよ。

 怖い目に合ったら、大変よ。

 思ってもいないことは、

 言っちゃだめ。」

 

わたしは、ハッとして、

長女に本当の想いだけを

伝えることにした。

 

「怖い目に遭ってほしくないから

 遠くても明るい道を通って。」

 

それからは、明るい道を

選んでくれた長女。

 

本当の想いを伝えて良かった^^

 

 

『ピンクも可愛い』

いまから 08:44 comments(0)
0.01%の確率

2月から春休みに入った、大学生、

長女と次女のふたり。

 

長女は、言い放った。

「春休みに入ったら、

 学生の資料は捨てて、

 部屋、片づけるね。」

 

4月からは社会人ですからね、

お任せしますよ。

 

早2週間。

アルバイトや友人と忙しい長女、

片づける気配はない。

 

・・・

 

「今日はゆっくりしよう。」と

こちらは次女。

 

ミニチュア作り、家事と

バタバタしている

わたしを横目に

アイドルのライブDVDに興じている。

 

口に出すまい、

母の指示で動くようでは、いかん。

 

…。

 

あれから20日間。

 

テレパシーか、念力か?

はたまた、

わたしの目は口ほどに物を言うのか?

 

我慢の甲斐あり、

長女は部屋を片付け、

次女は率先して家事をしてくれるように。

 

ひとこと言ってしまえば、

早く物事は動くのだろうが、

「自分で気づく」

0.01%の確率にかけてよかった^^

 

 

『白梅もまた好し』

いまから 14:05 comments(0)
お風呂の入り方

「お風呂にどう入っている?」

 

「普通に、足から」

 

 …。

 

そうゆうことでは、無いらしい。

 

「あたしたちの年代はさー、

 褒められることがないでしょ、

 だから、自分で褒めんのよ。」

 

彼女曰く、

 体を洗いながら、自分をほめてやると、

 (何かに)良いらしい。

 

 自分の言葉は、自分が一番近くで

 聞いているでしょ。

 一番効くのよ。(何に?)

 

ふわっとした説明ではあったが、

ほほぅ、なんとなく楽しそう。

 

これを実行してからというもの、

効果はさておき、

毎日のお風呂が楽しくなった。

 

あともう1つ、

自分の言葉に気を付けるようになった。

自分の耳が一番近くで

聞いているんだもんね。

 

IMG_7201.JPG

 

『友人と梅の香に誘われて』

いまから 11:33 comments(0)
まずは、自分

我が家で問題が起こると、すぐに

『うわぁ、どうしよう?!』と、

慌てふためくわたし。

 

そんな時、言ってもらった言葉が

あります。

 

「事件にしない。」

 

そして続く、

 

「自分はどうしたいの?」

 

家族のことを自分のことのように想うことで、

寄り添っているように思っていた。

 

「まずは、自分。」

 

そう言われて、

自分がぐらっぐら

揺らいでいることがわかった。

 

自分はどうしたいのか?と考えたら、

家族の接し方、自分のこれからが

見えてきた。

 

本当にやりたいことをやろう。

 

まずは、自分から。

 

IMG_7197.JPG

 

『オリンピックカラー』

いまから 08:42 comments(0)
まっしぐら

少し落ち込むことがあって、

友人の顔が浮かんだ。

 

すぐにでも逢いたいと思ったが、

お互い用事があるので、

逢うのはおあずけ。

 

日中の用事を済ませ、

夕方になって、買い物に出かけた。

と、その矢先、友人から連絡が来た。

 

「お茶する?」

「する、する!」

 

わたしは二つ返事で友人のもとへ。

 

ひとしきり話をした後、友人から、

 

「やりたいことしなよ、

 自分の人生を生きな。

 

 家族も大事だけれど、

 自分で、

 ひとり身で、立つことも大事。

 

 好きなことして、経済独立させて、

 一度きりの人生を謳歌させな。」

 

夕方、買い物かごをさげ、

友人と逢い、喫茶店で

人生の指南を受ける。

 

友人、おそるべし。

 

今日は、このブログを書いたら、

パソコンもスマホも開かない。

 

ミニチュアに専念します。

好きなことして、人生謳歌します^^

 

IMG_7166.JPG

 

『3粒の拠り所』

いまから 09:07 comments(0)
後ろめたさを捨てなさい

『自分を大切に』と言われても、

娘たちが小さい頃は、日々の生活に追われ、

なかなか自分のことは後回し。

 

自分を大切にすることが

後ろめたくなる時期もあり、

お洒落や出かけることも

申し訳なく思いながら過ごす毎日。

 

そんなある日、

ふと点けたテレビに

心奪われた。

 

アメリカの番組。

日々の生活に追われる母親が

ある男性の力を借りて

生活・思い・家族からの評価さえも

変えて行き、

外見も内側から大変身する

ドキュメンタリー。

 

ある男性とは、ティム・ガンという

ファッションコンサルタント。

 

ティム・ガンがアドバイスするのは、外枠だけ。

外枠の指示をしたら、

決めていくのは、変身する本人。

 

「どうなりたい?」

 

「君は誰に遠慮をしているの?

 妻が美しくなって、

 嫌がる夫がいると思う?」

 

「後ろめたさを捨てなさい。」

 

など、番組内でティム・ガンから

放たれる言葉が突き刺さる。

 

それからというもの、そぐわない服は、処分して、

クローゼットの中に残った服は、5枚。

 

それでも、気に入っているものは大切にするし、

気分がいい。そして、どうにかなる。

 

あれから、8年。

このブログを書くことで、

あの番組を思い出し、

ティム・ガンの言葉もよみがえった。

 

よし、いまから再び、はじめよう!

ちょっと忘れていた、自分ために。

 

IMG_7161.JPG

 

『自分のために その1。 

 昼ごはんは、皮から作った餃子^^』

いまから 08:24 comments(0)
浅草 だんご旅

三連休は、我が家5人で

『だんご旅』に出かけました。

 

浅草駅を出発し、目指すは「言問団子」。

 

米粉の餅を小豆餡包んだ、小豆。

白餡で包んだ白。

餅を黄色粉で染め、

みそ餡を包んだ、黄色。

あわせて3つでお出ましです。

 

とりの絵、色どり、かわいい、おいしい

最高です!

 

餡がなめらか、餅はやわらか、

こんなにおいしいから、

長ーく続いていくんですね。

 

『言問団子』

http://kototoidango.co.jp/index.html

 

IMG_7160.JPG

 

向島方面に向かい、今度は「志”満ん草餅」へ。

 

だんご旅に出かけるにあたり、検索して知った

「じまんくさもち」という読み方。

『志』に『”』がついてます!

 

ひとつづついただき、

帰ってからのお楽しみに^^

一番右の草餅は、2つから蜜が付きます。

 

どれもおいしいですが、

中でも、うぐいす餅は絶品です。

 

しっかりした餡に薄い餅。

持ち上げただけで、手から

薄い餅のやわらかさが伝わります。

 

ぜひ^^

http://jimankusamoti.com/

 

IMG_7159.JPG

 

向島では、

吉備子屋の『きびだんご』。

http://www.kibidango.ne.jp/

 

浅草に戻って、

浅草絹庵の『みたらしだんご』と『シルクプリン』。

花月堂の『メロンパン』

https://asakusa-kagetudo.com/

 

あれ?もはや、だんご旅から甘味旅に

なってますけど^^

 

食べに食べた「浅草だんご旅」

「名物に旨いものあり」でした!

 

iPhoneImage.png

 

『作ってたんだ、わたしも』

 

以前、ご注文いただいた『草餅セット』の中に

「志”満ん草餅」が入っていたことに

気づき、感激もひとしお!

いまから 10:04 comments(0)
ヒョイッと
「困難にぶつかったら、
壁には当たらず、ヒョイッと
曲がってしまいなさい。
また、進んで行くうちに
壁にぶつかったら、
ヒョイッとね。

あんまり正面から
ぶつかっていかないのよ。
わたしは、そうして
生きてきたわ。」

94歳の女性の言葉だ。

うん。
ヒョイッと曲がるのも
必要かもしれないな。

いつも正面衝突している
わたしにとっては^ ^

40代、50代に囲まれ、

「若い子たちの話には
合わないけど…」

と、ニコニコ話をしてくれる
94歳の女性に出逢えたこと。
心から感謝です。


『着実に準備』
いまから 09:24 comments(0)
虹色ピアス

今年に入ってピアスを

開けた友人に逢った。

 

「では、いままでのイヤリングを

 ピアスに変えましょう!」

ということで、ピアスにチェンジしました。

 

このイヤリングは、

以前、友人をイメージして、

わたしが制作したもの。

 

なんだかとっても嬉しかった。

どんどん挑戦して、

チェンジしていく友人が

眩しいくらいに輝いていた。

 

彼女に遭うと、

ほっとして、

心地よくて、

力をもらう。

 

そんな彼女に似合う、

いろんな色に輝くイヤリング。

ピアスに変わって

ますます輝いているみたい。

もちろん、彼女も!

 

このピアスをつけて、

どこまでも素敵な女性になってちょうだい!

 

IMG_7131.JPG

 

IMG_7133.JPG

 

『虹色ピアス』

 

 

 

accessories 09:13 comments(0)
サファイヤの涙

「今までにない私に挑戦してみたい」

と言うお話をいただき、

ご注文を制作いたしました。

 

お顔立ち、髪型…に加え、

新たなイメージを考え、

デザインしました。

 

キラキラした中にも

シャープさがある。

 

ご注文をいただいた方の

秘めたる芯の強さを

イヤリングで表現出来たら、と想い、

このようなデザインに

なりました。

 

アクセサリーは、おしゃれの仕上げです。

 

お出かけする嬉しい気持ちに

華を添えられるような

アクセサリーを

これからも制作していきたいです。

 

IMG_7130.JPG

 

『サファイヤの涙』

accessories 08:52 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS